自閉症講座

・日時:10月21日(日)13時半~17時
・場所:ウェルおおさか
〒557-0024 大阪市西成区出城2-5-20 ℡06‐4392‐8200
JR環状線・大和路線「今宮」駅(西出口)から徒歩約10分
・講師…別府 哲氏(岐阜大学)
・参加費…全障研会員の方 1500円、一般の方 2500円
・申込方法…大阪発達支援センターぽぽろへFAXまたはメールにて
(FAX)06-6964-0704
(メール)hanaten@npo-osc.com
・締め切り…10月15日まで
・共催:全障研大阪支部・大阪発達支援センターぽぽろ

2018kosodate1.pdf181021jiheikouza.pdf

- | -

2018年度「みんなで学ぶおおさかの障害者(児)家族連続講座」北河内講座

第一講座
日時:10月22日(月)10:30~12:30
場所:大東市立市民会館 304号室
テーマ:「いつからでもやり直せる子育て」
講師:池添素さん(NPO法人福祉広場 理事長)

第二講座
日時:11月19日(月)10:30~12:30
場所:ラポールひらかた 研修室1
テーマ:「思春期から青年期へ」
~誰もが輝く青年期を迎えるために~
講師:小畑耕作さん(社福きのかわ福祉会理事長・大和大学教授)

※詳細は要綱でご確認ください。

主催:大阪発達支援センター ぽぽろ
連絡先:ぽぽろ大東
電話:072-871-0181 FAX:072-871-0182
2018kikakawachi.pdf

- | -

2018年度夏期連続講座

~こころの「根っこ」をゆたかに~

日時:8月1日(水)~8月3日(金) 全5講座
(午前の部 10:00~12:30、午後の部13:30~16:00)
※受付は15分前から開始
会場:大阪市立中央区民センター 第2・3会議室
参加費:各講座…2,000円(事前振込制)
講座内容
1日午前…①発達の道すじをふまえた学習
  午後…②読み書き障がいのわかりにくさを解き明かす
2日午前…③障がいのある人のココロの理解と実践
  午後…④誰もが主役~リズム・ゲームで楽しく勉強
3日午前…⑤「自分くずし・自分づくりを支える思春期・青年期の教育とくらし」

※講師等はチラシで確認してください。

主催:大阪発達支援センター ぽぽろ
TEL:06-6964-0703 FAX:06-6964-0704 
e-mail:hanaten@npo-osc.com

2018kakikouza.pdf

- | -

「子育て支援教室」年間計画のご案内 

今年度も下記の通り「子育て支援教室」を計画いたしましたので、ご案内します。

5月24日(木):発達の道すじをふまえた学習               
6月28日(木):思春期の育ちと進路選択                    
9月13日(木):小学校選びで大切にしたことと、現在のわが子の様子
10月25日(木):登校拒否・行きしぶりをどうみるか
11月22日(木):卒後のくらしと制度を学ぶ
1月24日(木):「成年後見・年金について
2月28日(木):交流会

会場:大阪発達支援センターぽぽろ
時間:10時半~11時半 講義
   11時半~12時半 質問・交流会
参加費:100円
問合せ:大阪発達支援センターぽぽろ
電話06(6964)0703 Fax06(6964)0704

2018kosodate

- | -

「キラリ・ホットの子育て教室」

下記のテーマで、「キラリ・ホットの子育て教室」を開催します。それぞれ定員は48名です。申し込みはお早めにお願いします。

第一回
テーマ:「思春期・青年期の育ちと進路について考える」
講師:卜部 秀二さん(大阪発達支援センターぽぽろ 総合センター長)
日時:5月30日(水)10:00~11:30
場所 大東市民会館304号室
参加費:無料

第二回
テーマ:「不登校・行きしぶりの子どもたちの心の内」
講師:熊本 勝重さん
(ぽぽろ大東教育・発達相談員、元大東市内小学校教諭、追手門学院大学非常勤講師)
日時:6月22日(金)10:00~11:30
場所 大東市民会館304号室
参加費:無料

問合せ・申し込み先 ぽぽろ大東
TEL 072-871-0181
FAX 072-871-0182

2018kosodate1.pdf第1回案内チラシ(PDF)
2018kosodate2.pdf第2回案内チラシ(PDF)

- | -

北河内・子育て講座を開催します

今年も下記のテーマで、「北河内・子育て講座」を開催します。
それぞれ定員は30名です。申し込みはお早めに。

第一講座
テーマ 「いつからでもやり直せる子育て」
講師 池添素さん(NPO法人福祉広場理事長)
日時 10月23日(月)10:30~12:30
場所 大東市民会館204号室

第二講座
テーマ 「思春期から青年期へ」~誰もが輝く青年期を迎えるために~
講師 卜部秀二さん(大阪発達支援センターぽぽろ総合センター長)
日時 11月22日(水)10:30~12:30
場所 ラポールひらかた 3階研修室1

問合せ・申し込み先 ぽぽろ大東
TEL 072-871-0181
FAX 072-871-0182

2017kosodate.pdf案内チラシはこちら

- | -

自閉症講座を開催します

北九州市立大学の楠凡之(くすのきひろゆき)先生をお招きし、「自閉症スぺクトラム障害の子どもへの理解と支援」をテーマにご講演いただきます。
日時/2017年11月26日(日)13時30分~16時40分
場所/天王寺区民センター
お早めにお申し込みください。 

2017koza-jihei.pdfチラシはこちら

- | -

2017年度夏季連続講座を開催します

毎年好評のうちに開催をしております「夏期連続講座」を今年も開催します。
今年度のテーマは「こころの『根っこ』をゆたかに」です。
開催は8月2日から4日までの3日間。会場は大阪市立中央区民センターです。
夏季連続講座チラシ表チラシ表面
夏季連続講座チラシ裏チラシ裏面

- | -

2017年度・グループリーダー講座

全6回
日程
①2017年9月6日(水) 午後1時~4時
②10月12日(木) 午後1時~4時
③11月13日(月) 午後1時~4時
④12月11日(月) 午後1時~4時
⑤2018年1月22日(月) 午後1時~4時
⑥2月15日(木) 午後1時~4時

大きな福祉制度改革の変更の中で、現場では、スタッフ不足の状況などに加え、非常勤職員の比率も高まるなど、厳しい条件が加速しています。そんな中で、これまで現場が大切にしてきた理念を生かした新たな実践の創造が求められています。同時に、単なる支援にとどまらず、コンプライアンスの順守や権利擁護の厳格化等制度への対応も厳しく求められています。また、人手の不足や事業の不足に対し厚労省は新たに「福祉提供ビジョン」等を配信し、「福祉の生産性」等をテーマに、その質的転換も進めようとしています。
そんな中で「集団実践をどう組織していくのか。」「成果主義に陥らない、本来の支援はどうあるべきか。」等現場職員の悩みは増すばかりです。
こうした中、支援実践の基本的な視点を再度整理し、かつ新たな支援がもとめられる課題への対応を学びながら、福祉労働の専門性をさらに向上させ、日常実践への確信と今後の展望を切り開くためのキャリアアップを図る場が是非必要との声に応えて、今年度も特に現場での実践の中核となるグループリーダーの研修講座を設けることとなりました。
このコースでも、現場の声を組み入れ、現場管理者の悩みを中心に、グループワークや集団討議などを位置づけ主体的学習姿勢に基づく研修計画とさせていただいています。
業務など各種条件の厳しい中ではありますが、新たな課題に積極的に対応する現場職員としての資質向上のため、是非積極的なご参加を期待しています。

対象者;現場主任。グループリーダー
受講料;加盟施設職員 無料(大阪障害者センター未加盟施設職員5万円)
会場;大阪障害者センター 大会議室
定員;15名(基本的には法人・施設からの推薦者を優先します。定員になり次第募集を締め切ります)
※全講義修了者には、修了証書を発行します。
※当該研修の学びを、ぜひ積極的に職場に持ち帰り、職場で活かせるよう、送り出し職場でのご配慮をお願いいたします。
グループリーダー研修案内はこちら

- | -

2017年度・「サービス利用計画」・「個別支援計画」づくりの基礎研修

全5回
日程
①2017年8月3日(木) 午後1時~4時
②9月7日(木) 午後1時~4時
③10月5日(木) 午後1時~4時
④11月9日(木) 午後1時~4時
⑤12月7日(木) 午後1時~4時

障害者総合支援法への改定によって、平成27年度以降すべてのサービス利用者に対し相談支援事業者による「サービス利用計画」の策定により、支給決定が行われます。
その後、その支給決定に基づき、利用計画が再策定され、その計画に基づき、個別事業所が「個別支援計画」を策定、サービス調整会議におけるモニタリングの実施が行われることになっている。この手続き変更により、「個別支援計画」の策定がますます形骸化することも予想されるとともに、「サービス利用計画」そのものが、極めて機械的なものとなることなども懸念されています。
この間、センターのこの研修は、新たに提起された仕組みの中で、「サービス利用計画」「個別支援計画」の違いや中身の検証を行いながら、それぞれの計画を如何に有効なものとしていくのか、現状での各事業所での取り組みを交流し、より有効な計画づくりへの視点を学びます。
業務など各種条件の厳しい中ではありますが、新たな課題に積極的に対応する現場職員としての資質向上のため、是非積極的なご参加を期待しています。
また並行して、特にサービス管理者向けには、別途本年度も「ICFを活用した自立支援プログラム」ファシリテーター養成研修も開講しますので、選択の上ご参加ください。

対象者;主任・サービス管理責任者 
受講料;加盟施設職員 無料(未加盟一般施設職員3万円)
会場;大阪障害者センター会議室
定員;15名(基本的には法人・施設からの推薦者を優先します。定員になり次第募集を締め切ります)
※当該研修の学びを、ぜひ積極的に職場に持ち帰り、職場で活かせるよう、送り出し職場でのご配慮をお願いいたします。
※個々の計画表の紹介や、カンファレンス等も盛り込んだ研修とします。
支援計画研修案内はこちら

- | -