大阪障害者センターの出版物のご注文

大阪障害者センターが出版に携わった書籍です。当センターからの直送も可能です。
ご注文は、電話注文、FAX注文、そしてこのサイトからのオンライン注文の、3つの方法がご利用になれます。
なお、実績紹介として絶版品等も掲載しています。
メニュー項目をすべて開くメニュー項目をすべて閉じる

本部の出版物

image

障害保健福祉改革のグランドデザインは何を描くのか
〜どうなる障害者のくらしと福祉

内容/支援費制度に続いて厚生労働省が提起した「改革のグランドデザイン」は障害者の自立を支えることができるのか。実態にもとづき批判的に検証。
A5判96ページ
障害者生活支援システム研究会・井上泰司・塩見洋介編著/かもがわ出版刊/2005年02月発行
800円+税
数量
image

精神障害者をもつ人が地域でくらしていくために
〜介護保険統合論と、求められる社会的支援

内容/脱施設・介護保険統合は、遅れている精神障害者福祉の切り札か。当事者の現実をリアルにとらえつつ、求められる地域支援を提言する。
A5判88ページ
障害者生活支援システム研究会編、山本耕平著/かもがわ出版刊/2004年10月発行
800円+税
数量
image

疑問あり!介護保険統合論 ― どこへいく支援費制度

財政問題を理由に急浮上した障害者福祉と介護保険の統合議論に、障害者のくらしとねがいを支える支援の展望はあるのか。疑問あり!
A5判90ページ
障害者生活支援システム研究会編、井上泰司著/かもがわ出版刊/2004年04月発行
900円+税
数量
image

個別支援計画をつくる

個別支援計画作成は、これからの障害者福祉に携わる者にとって必要不可欠のしごと。障害者の発達や生活援助のための入門テキストです。
A5判80ページ
障害者生活支援システム研究 編、植田章著/かもがわ出版刊/2004年03月発行
900円+税
数量
image

「特別支援教育」で学校はどうなる

障害児学級の廃止など障害児教育リストラでなく、すべての子どもの発達を保障するために、「特別支援教育」の問題点と積極面を明らかにして、今、何をなすべきかの課題を提起。
A5判184ページ
越野和之・青木道忠編/クリエイツかもがわ刊/2004年01月発行
1,800円+税
数量
image

希望の持てる「脱施設化」とは

大阪府内1400人の入所施設利用者、660人のその家族の意向調査から、地域生活移行も含めたよりよい暮らしの方向を探ります。
A5判72ページ
峰島厚・林満里・真野恵子・田中洋子・秋田幸男著/かもがわ出版刊/2003年12月発行
700円+税
数量
image

SOS支援費制度

2003年に導入された支援費制度は、障害者の自立を支援できるのか。実施後の問題をふまえて権利活用のみちをさぐります。
A5判104ページ
伊藤周平・井上泰司・塩見洋介著/かもがわ出版刊/2003年11月発行
900円+税
数量
image

ノーマライゼーションと日本の「脱施設」

地域生活の条件を整えないままの入所施設解体=「脱施設」は、知的障害者とその家族に何をもたらすか。ノーマライゼーションの思想にあらためて学びながら、日本の「脱施設」化をめぐる動きに警鐘をならす。
A5判80ページ
障害者生活支援システム研究会編/かもがわ出版刊/2003年07月発行
800円+税
数量
image

障害者福祉改革への提言
〜地域と施設の支援システムをつくる

支援費制度の導入を直前に控え、日本の障害者福祉制度の問題点、障害者・家族の生活実態と施設の役割、障害者福祉施策拡充への視点、新障害者プランの提言などをわかりやすく提示。障害者福祉の未来を拓く、意欲に満ちた一冊です。
A5判280ページ
大阪障害者センター障害者生活支援システム研究会編/かもがわ出版刊/2002年05月発行
2,600円+税
数量
image

重度知的障害児者介護の社会化は緊急の課題
〜家族介護実態調査結果報告書

大阪障害者センターの障害者生活支援システム研究会、きょうされん大阪支部、障害者(児)を守る全大阪連絡協議会などが全国の組織の協力を得て取り組んだ「重度知的障害(児)者の家庭での介護支援についての実態調査」の結果報告集です。3000件以上の重度知的障害者家族の方々のご協力を得ました。介護の社会化が急務となっている実態が浮きぼりになりました。
A4判78ページ
NPO法人大阪障害者センター 障害者生活支援システム研究会/NPO法人大阪障害者センター 障害者生活支援システム研究会刊/2002年04月発行
1,200円+税
数量
<<1│2│3>>